清潔な床を保つ為に。床の掃除を実施しましょう

住宅の改善

増加傾向にあるリフォーム業界

1996年以降、リーマンショックの影響や消費税率引き上げなど、社会環境の変化から、新築着工戸数は年々減少傾向にあります。 住宅の一次取得者層大半を占める30歳代の平均年収は大きく減少しており、新築住宅を取得するのは大変困難であるのが現状です。 また、2010年をピークに日本の人口は減少し、少子高齢化は進む一方です。 東京、名古屋、大阪の三大都市圏に人口は集中しており、今後もその傾向は続くと見られています。 推計では、居住地域の6割以上の地点で、人口は現在の半分以下までに減少すると言われています。 そんな中、リフォーム業界は緩やかながらも増加傾向にあり、現在、6兆円産業とも言われています。 消費者のニーズにも大きな変化が見られており、若年層は「こだわり」、高齢層は「安さ」「利便性」を重視する傾向にあります。 「予算面」「築年数よりスペックを重視」等の理由から、新築にこだわる層は減少し、中古住宅へのシフトも見られます。

分かり難い見積もりから、定額スタイルへ。

リフォームの施主で最も多い世代が60歳代で、全体の約4割を占めています。 受注が多い部位はキッチン、トイレ、浴室の順で、やはり水廻りに集中しています。 リフォーム業界での問題点で、「見積もりが曖昧で分かり難い」という声をよく耳にします。 基礎からの工事ではないので、工事範囲がバラバラとなり、他社との比較がし辛いのが原因と思われます。 業者選びから手こずってしまい、何かとスムーズに行かないとの指摘もあります。 ですが、定額で水廻りだけをリフォームするなど、比較的低価格でリフォームできるタイプのものも出てきています。 「この程度の金額で収まるならば」という気軽さから、件数は年々増加してきています。 定額を基準に、多少のプラスマイナスをしながら、納得のいくリフォームができるのです。

Copyright (c) 2015 清潔な床を保つ為に。床の掃除を実施しましょう all reserved.